*

パンチ

昔に書いたランサーズのエントリが今更バズった話&少しだけ後日談

公開日: : column

放置してたブログの放置してた記事が気持ち良いくらいにバズりました。はてブ数1000まであと15などという意味のわからない事が現在起きていて、私、もう気分はプロブロガーです。サイン会でも開きましょうか。

このブログは、自分の書いた言葉がgoogleにindexされて、グーグル検索で誰かの役にたったらいいなぁ位の気持ちで取り組んでいるブログです。誰かがググってきっとあのエントリに辿り着いたわけです。あんなクソ長ったらしい文章を読んでくれて、それが誰かの興味を誘って…を繰り返してこのブログはゴキゲンにも500エラーを起こしました。読めなかった人すいませんでした。サテライトサイト用に借りたレンサバに、取得したけど使ってないドメインを貼って、wordpressをかんたんインストールして、話題のテーマをつっこんだだけのブログです。大変清々しい機会損失でした。バズったおかげでAdsense収益が発生し、おかげで伸びきった髪の毛を切り、明日の友人の結婚式に向けてパーマまでかけることができました。本当に本当にありがとうございました。

なんか別のサイトのサーバが重いと思いました

この2ヶ月近く更新のなかったブログは、転送量無制限を名乗っては要るものの、非力な某サーバで2年目以降年額4000円でレンタルしているサーバで動いています。そんなサーバの中でwordpressが3つ動いています。このブログはそのうちの一つです。


他のサイトを更新しようと思って、朝型にもう一つのサイトの管理画面にログインしようと思ったところ、500エラーが出ました。『もしかして、このサイトアクセス過多!?』と思い少しテンションがあがりました。Googleアナリティクスでリアルタイムに今見ている人の数を見てみると、たった3人でした。


『3人からの同時アクセスでサーバが落ちるなんてお話になりませんぞ。これはいけませんね!』と思ったものの、めんどくさいので見なかったことにして、iPhoneアプリの アナと雪の女王 FREE FALLの195面をプレイしながら眠りにつきました。


13時頃にサイトにアクセスすると、サイトが落ちているではありませんか。再度リアルタイムで見ている人の数を確認したところ、またたった3人でした。これは他に原因があるなーと思ったので無視することにしました。


そこで、ふとこのブログの事を思い出しました。『あ、このサイト、kosuke.ccとサーバ同じだ・・。』なんか炎上してるんですか、勘弁してくださいよ… とか何とか思いながらこのブログにアクセスしたところ 500エラーが出ました。本当に最低なブログだなと思いました。


一応、と思ってGoogleアナリティクスを確認したところ、リアルタイムで250人もの方がこのブログを見ていました。このブログは、250の同時アクセスなどとてもじゃないけど耐えることはできません。


この時点で以前に書いたlancersの記事にアクセスが集まっていることがわかりました。正直、自分でも良記事だと思っていたところです。もしこれがニコニコ動画だったら、もっと評価されるべき というタグを自分でつけているところです。


このブログでではないですが、今まで何度か自分の関わった記事がいくらかバズったことはあるのですが、こんなにバズったのは初めてでございまして正直よくわからない緊張感を覚えました。『なんか俺余計な事書いたかなー。炎上するの嫌だなぁ』とか考えながら、顔を洗って歯を磨いてからはてブについたコメントとかを追っていく事を決めました。


ランサーズの人が怒ったのかな・・?クラウドワークスの人が焚き付けたのかな。身の危険を感じるので、とか言われて警察署内で面会することになったらどうしよう などなど色々考えながら歯を磨いていたら、30分ほど時間が過ぎており、歯にこびりついたタバコのヤニが全てとれました。

顔を洗って歯も磨きおえたので、身を引き締めてコメントやら何やらを見ました

以下、頂いたおことば

  • 思ったより、『わかるわー』『あるある』『為になる』等と、賛同・好意的なコメントを下さった方が大変多く、なんかホッとしました。

  • 『面白かった』と言って頂いている方も多く、笑い事じゃねえぞとか思いながらも 第三者視点で見たら確かに面白いよなと思いました。疑似体験できるような文章はいい文章だと思います。我ながらいいエントリでした。

  • 『長いけど面白い』『長いけどクソ笑った』と言うコメントやtweetも目立ちました。 その逆説の”けど”がすごい嬉しかったです。長いものはつまらないですか。でも、僕のエントリは面白かったですか。これからももっと褒めてもらえると嬉しいです。


  • これだけコメントやご意見をたくさん頂くと、反論というか別の意見など色んな意見が多くあると思ったのですが、思ったより少ないと感じました。ですので、これは炎上ではない。噂の”バズってる”ってやつや!と確信に変わりました。

    しかし、多くが賛同意見である中、非賛同意見は 僕の視点から見るとどうしても目立って感じてられました。web上で目立つと、色んな角度から意見がもらえます。それは嬉しいのですが、なんかビクビクしながら味わい尽くすように非賛同意見を見てました。

    以下、頂いた非賛同意見とか

  • は?狸と狐の化かし合い、それがビジネスじゃん。 みたいな意見
  • つーか、Stingerを使ってる時点で・・(笑) のようなコメント
  • こんなデザインしてるやつに仕事してもらいたくねえし
  • 500エラー起こすようなやつが偉そうに何を・・・。
  • などなど。

    誰かに賛同してもらったり褒めてもらう為に記事を書いたわけではありませんが、正直ムッと感じました。ただ、色んな意見があって当然だと思うのでランサーズどうこうだけでなく、ビジネスというものって…みたいな問題提起まで出来たのであれば、それはそれで良かったなと思っています。

    僕は、狸と狐の化かし合いに参加する気はないので、どうぞこれからもがんばってビジネスしてくださいね って思いました。

    Stinger3を使ってる時点で・・って言うのは あぁそんなところを突っ込んじゃいますか。って思いました。使ってるwordpressのテーマで人を測った事はないけど、なんだかものすごく悲しい気持ちになりました。バリバリ音を鳴らす財布を笑われた人の気持ちがよくわかったとでもいいますか。僕もこれから人のアメブロを笑うのはやめようと思いました。でもめんどくさいのでこのままでいきます。

    こんなデザインしてるやつに仕事してもらいたくねえし などと言われ、『調子こいてクライアント面してんじゃねえよ、タコ。俺だってお前みたいなやつの仕事なんてやりたくねえよ!ばーーーか!』と思いました。ついにはてブがお仕事アンマッチングサービスとして機能しました。

    まさかこんな過去の記事が前触れ無くバズるとは思わなかったので貧弱なサーバのままにしていました。webに携わってる身としてアホみたいなことをしてしまったな、と思っています。でもめんどくさいのでサーバ移転の予定はありません。

    こいつ、クラウドワークスの手先じゃね?的な事も書かれましたが、違いますので安心してください。

    なんか異様なバズり方をして、自分管理するサイトの中で、過去に自分でも書いた事を忘れていた意見が遠くまで届くという体験をしました。プロブロガーの人でもない限り、なかなか出来ない体験でした、ありがとうございます。

    きっとランサーズ(もしくは他の類似サービス)の中の人の目にもついてしまったことと思います。この手の問題、何らかの方法で改善されたらすごくいいな、と思っています。もし自分のエントリが問題提起の種になり、より良い進化の為のキッカケの一つになるのであれば、これに勝る喜びはありません。何らかのカタチで改善されたら連絡がほしいくらいです。

    ランサーズと僕の後日談

    あんなエントリを書きましたが、どうにもこのクラウドソーシングとかいうシステムに諦めがつかず、メンバーに対し、決まった仕事がない時に、ランサーズ上で仕事を探して、スケジュール内で処理できるものは処理するように指示を出しました。結果、1ヶ月ちょっとで20万円届かないくらいの売上を作っていました。作業時間だけで考えると生産性はそれなりに高かったです。おそらく総作業時間は50時間くらいではないでしょうか。仕事の合間の仕事、とかんがえるとなかなか良い数字だと僕は思いました。


    ただ、10案件前後の仕事を頂くのに対し、150前後の提案をし、300件以上のプロジェクトに目を通さなければなりませんでした。自分にあったプロジェクト探しなどもある程度自動化はしたものの、大幅に削減することはできませんでした。そこが大幅に削れない限りは、パチンコ屋のバイト以下の時給になってしまう気がしました。

    ちなみに、疲れるので4月からはもうやっていません。

    ランサーズ以外の仕事上で 地雷と見切ったクライアントさん以外に対しては 極力相手が喜ぶことをひたすら行う というのをモットーに仕事をしています。ランサーズ上で同じノリで仕事をすると、相手の知識量などが測れない為、イチから説明などが必要になり、必要以上に忙し貧乏になってしまいます。
    そこで、仕事に対してどう向き合えばいいのかわからなくなり、ランサーズ、というかクラウドソーシング(受注側)をやめました。

    これ言ったら元も子もないですが、相手の喜んでる顔が見えないって言うのもなんだか疲れる原因の一つかもしれません。

    やり方次第では、とりあえず3日に1回作業ペース(+仕事探し)で、月に20万円くらいの仕事なら頂けました。ただ、心が疲れました。地雷原の中で宝探しなんて、なんてったって危なっかしいです。工夫すればもっと効率よくなるんでしょうけど、工夫するのも疲れます。心が強く、工夫することのできる方は是非やってみると良いと思いました。他にもっと効率の良い仕事がある方は絶対にそっちの方がいいと思います。

    パーマの件

    さて、冒頭申し上げました バズったおかげで皆さんがアクセスしてくださり、小銭が僕のポッケに入り、皆さんのおかげで、本日かける事が出来たパーマの件ですが、美容師さんが『中山さんは猫っ毛だからパーマかかりにくいので、強めにかけますね』と言ってくださいました。

    おかげ様で頭頂周辺がパンチパーマに近い仕上がりになりました。美容師さんは『…し、湿った状態だとパーマは  ヒ、比較的まっすぐになるので い、色んなスタイルが楽しめますょ・・・』と下を向きながら言ってくださいました。
    本来であればクレームものですが、天から降ってきたパーマです。ランサーズがくれたパーマです。はてながくれたパーマです。グノシーがくれたパーマです。Googleがくれたパーマです。この全盛期のパンチ佐藤のようなパーマ、よく湿らせて大切に育ててみようと思います。本当にありがとうございました。

    Ad

    関連記事

    一流の方々

    一流と呼ばれるの方と仕事をしそうになった話

    サラリーマンと個人事業主もしくは会社経営者の大きな違いは、仕事の相手が自由に選べることです。そし

    記事を読む

    ika

    イカスミを食べると、どうやらウンコが黒くなるなるらしい。

    本日、超美味しい長崎ちゃんぽんのお店、大光楼 本店に行ってまいりました。 すっごい美味しかったんで

    記事を読む

    pmhe

    デブでもできた!macを使ったプロジェクションマッピングの作り方#2

    (前回の記事:デブでもできた!macを使ったプロジェクションマッピングの作り方#1)の続きの記事です

    記事を読む

    68452_10152585661748135_1289817422_n

    僕が都知事選で家入さんを断固支持する理由

    1年半くらい前に講演会の後に、家入さんと飯をご一緒する機会があって、その時に家入さんと色んな話をしま

    記事を読む

    helloworldagain

    blogを続けるための想像以上に簡単なたった6つの秘術を悟ってしまった

    ブログとか、ブログ的なものを作っては消し、作っては消し。 まるでメンヘラかまってちゃんがTwi

    記事を読む

    chrome

    Chromeアドレスバーに x を押すと落ちるようになった話

    Chromeの検索バーに、xから始まる単語を打つと落ちるようになってしまいました。今のところ対策法は

    記事を読む

    lancers

    ランサーズやってみたけど地雷クライアント案内所にしか見えない

    クラウドソーシングサービスなどというサービスにちょっと手を出してみました。結論からいうと、正直あ

    記事を読む

    pmhe

    デブでもできた!macを使ったプロジェクションマッピングの作り方#1

    ここ数年よく聞くようになった単語の一つ、プロジェクションマッピング。手を出してみたいけど、何から

    記事を読む

    写真

    Starbucks Reserveでノマド気取るどころか貴族になっちまった話

    「やっぱ仕事はスタバだと捗りまくるよね★」みたいな信仰を否定するわけでも過信するわけでもない

    記事を読む

    sethgodin2011

    セス・ゴーディン氏『顧客を愛してます?』俺氏『顧客て何だっけ』

    セス・ゴーディン氏の言う『あなたは顧客を愛してますか?』 セス・ゴーディン氏と言えば、『バイラ

    記事を読む

    Ad

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    Ad

    PAGE TOP ↑