*

google

【超訳】Google様から『SEO対策()』とか抜かしとるクソサイトへ警告

公開日: : web ,

1/27付でグーグル様の公式ブログでクソサイトへの警告がございましたのでご報告差し上げます。

元々言われてることばかりだけど一応書いておきます

本当によく言われてることばっかりだけど、あらためてグーグル公式ブログが更新してたんでご報告さしあげます。日本語訳がなかったので、対訳のみならず、クソサイト運営者でもわかるようにありがたい超訳までもれなくついてきます。

Monday, January 27, 2014 at 1:46 PM

Affiliate programs and added value
Webmaster level: AllOur quality guidelines warn against running a site with thin or scraped content without adding substantial added value to the user. Recently, we’ve seen this behavior on many video sites, particularly in the adult industry, but also elsewhere. These sites display content provided by anaffiliate program—the same content that is available across hundreds or even thousands of other sites.

If your site syndicates content that’s available elsewhere, a good question to ask is: “Does this site provide significant added benefits that would make a user want to visit this site in search results instead of the original source of the content?” If the answer is “No,” the site may frustrate searchers and violate our quality guidelines. As with any violation of our quality guidelines, we may take action, including removal from our index, in order to maintain the quality of our users’ search results. If you have any questions about our guidelines, you can ask them in ourWebmaster Help Forum.

Posted by Chris Nelson, Search Quality Team

アフィリエイトと付加価値(Google Web Master Centrala Blog)

日本語翻訳がなかったので対訳しておきます。

アフィリエイト・プログラムと付加価値
ウェブマスター向け:皆様へ。

Googleの品質に関するガイドラインでは、ユーザーに十分な付加価値を提供していない内容の薄い無断複製されたコンテンツのサイト運営に対し警告を発しています。アフィリエイト・プログラムを通じて提供される他の何百、何千ものサイトで閲覧可能なコンテンツを表示するサイトが、最近アダルト業界だけでなくその他の多くの動画サイトで見受けられます。
もし、あなたが上記のようなどこでも閲覧できるコンテンツを掲載している場合「検索結果の中でコンテンツの掲載元のサイトを差し置いて訪れるほどの大きな付加価値をこのサイトはユーザーに提供できているのだろうか」と一度考えてみてください。もしその答えがノーであれば、そのサイトはユーザーを不快にさせるだけでなく、品質に関するガイドラインに抵触している可能性があります。検索結果の品質維持のため、品質に関するガイドラインのあらゆる違反に対してインデックスからの排除も含めた行動をとる場合があります。ガイドラインに関してのご質問はウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムで受け付けております。

検索品質室・クリス・ネルソン

だそうですよ。

Scraped Contentって何

本文内に、Scraped Contentっていう単語があって、それはグーグルさんを無断複製されたコンテンツと定義しています。

その中に書いてあることは、

ウェブマスターの中には、コンテンツの関連性や独自性を度外視してでもページ数を増やすことが優れた長期的戦略であるという仮説に基づき、人気の高いサイトなどからもってきたコンテンツを流用(無断転載)している方がいます。単純にアフィリエイト・コンテンツは、例えそれが高品質な掲載元からのものであっても有益なサービスやコンテンツを独自の情報を追加していなければユーザーに一切の付加価値をもたらさないばかりか、著作権の侵害になる場合があります。手間を掛けてあなたのサイトを差別化できる独自のコンテンツを作り出せば、訪問者が再びあなたのサイトを閲覧しに来るようになるでしょう。また、Googleユーザーにとってもよりよい検索結果が得られることになります。

内容の薄いアフィリエイトサイトとは・・

* 他のサイトからコンテンツをコピーし、何も独自の情報や価値を付加していないまま再掲載しているサイト
* 他のサイトからコンテンツをコピーし、若干の修正(例:言葉の置き換えや自動生成ツールを使用したもの)のみを行って再掲載しているサイト
* ソースとなっている団体の情報やユーザーへの利益を提供することなくコンテンツ・フィードを他サイトから再掲載しているサイト
* 他のサイトの動画や画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込むだけでユーザーにとって十分な付加価値のないサイト

超要約すると

おいおい。てめえらの中に、価値のないコンテンツ作ってページ数を増やしてクソサイト作ってるやつはいねえだろうな?そういうアフィサイトが多いんだよ。昔はアダルト業界ばっかだったけどな。最近目立つぞ。お前らの中にそういうサイトを作ってる奴がいるならてめえの心に聞いてみろや。『ググったやつに、パクったサイト以上の価値を俺は提供できてるのか?』ってな。もし、心当たりがあるなら、、俺はもう知らんぜ。お前らは、ググったやつを不快にさせたあげく、うちらのルールを守れていない可能性があるんだわ。俺たちはググった人の方が大事だから、Googleインデックスから削除することまで一応考えてるからね。

クリスより。

あ、あともう1個言っとくわ。クソサイトってのは、お前らの足りない頭で考えた『ページ数をとりあえず増やす とか、人気の高いサイトをパクった』とか そういうサイトの事ね。いい感じの文言をパクってきても、所詮パクリサイト。無断でパクっただけのサイトは、他にまともなコンテンツがない限り、ググってる人にまともな情報を提供してるとは言えないんだわ。一応、お前ら著作権を侵害してる可能性があるからね。色々覚悟しとけよ?スクライピングかまして、お前らの足りない頭で考えたSEO対策() とかいうやつをやるくらいだったら、まじめにコンテンツ作れよ。そっちの方が普通に見てる人喜んでまた見に来るから。ググってる人たちもそっちの方がハッピーだよ。要はお前らのやってることは、エゴにまみれた豚しかやらないようなクソ行為なんだよ、サノバビッチ イェー

俺たちの言う、クソサイトってのをいくつか紹介してやるよ

  • 他のサイトから情報パクってるだけのオリジナリティのないサイト
  • あと、パクったけど言い換えただけのパクリサイト。お前らも同義だからな。
  • パクった挙句、独自の体系づけやユーザーのためにならないなにかを提供しないで フィードに載せてるだけのサイトとか
  • ユーザーに付加価値を提供しないで、他のサイトの動画とか画像とかを埋め込んだだけのサイトとかもやべーよ。

他にも色々あるんだけどよ、この辺はまじでやべーやつだから。もしお前らがクソサイト作ってるんだったら、早く手を打てよ。
どうなっても知らんからな。一応文句とか質問はフォーラムで受け付けてるからいつでも来いや。

コメント欄は賛否両論

インディ『GOOGLEなら「まとめ」の価値がわかっていると思うけど、例えば太陽光関連商品では、アマゾンには何百万という商品が並んでいて、その中にはゴミも混じってる。もしアフィリエイトサイトが時間を掛けて商品を厳選して紹介しているのであれば、おれにとっては価値ある情報だと思う。』


スコット『アフィリエイトサイトからバックリンクを受けてるサイトがどうして罰を受けないのか?」が重要だと思う。Googleの検索で上位に出てくる巨人たちは自分たちが金を払ってるアフィリエイトからのリンクがなかったらあんな上に出てきたりはしないはずだ。結局こういうところは叩かれないんだろ。』


ミッシェル『インディよ。人的なキュレーションによる「まとめ」は十分にユーザーに付加価値を提供してる。販売元よりも先にみんながそのニッチなサイトをチェックしているのであれば、価値のあることだしガイドラインにも違反してない。』


ジム『スクレイピングでかなりの被害にあってるし、今までDMCA (デジタルミレニアム著作権法)で何百と訴訟を起こした。それでもGoogle +やAuthorship Markup、PubSubHubbを使っていてもスクレイピングしてるやつらのサイトがうちのコンテンツ使って上位に出てきてる。無断複製されたサイトはより頻繁に更新されるし、ボットがベージに来るようになってる。仕方ないからRSSフィードを消したよ。そしたらそのサイトは止まったけど、うちも8500人の購読者を失ったよ。』


イビック『そのサイトのコンテンツが好きだったらそれがどこのものかなんて内輪話には興味ないだろう。』


『正直に言おう。「集合は完全なる価値ではるが、区別がつけられない」。Googleは「複製コンテンツ」問題をクロークや写真にする(??)ことで避けようとしてるけど、ユーザーにとっては不利益だと思う。』


『アフィリエイト・プログラムっていうのはアマゾンのような会社が商品を各々のアフィサイト上で宣伝してくれる「エージェント」を使って顧客にアクセスる手段でしょう。実際のところアフィリエイトサイト上にある商品は、発信元のページ上の商品と何ら変わりないし、一体アフィリエイトをやってる人達が商品説明を改竄する以外にどうやって「付加価値」を与えられるのか分からないよ。』


Googleは付加価値がないといってアフィリエイトサイトを壊そうとしているけど、実際に客が宣伝されていた商品を購入するサイトに移動する際にお金が発生するアフィリエイトサイトを運営する人達の利益を否定し、間接的にその人達を潰していることになる。


『多くのアダルトサイトの運営者は無断複製や同時配給された何万とある他のサイトで見られる全く同じコンテンツを使っていることには同意する。でもそれはタイトルや説明を変えた似たようなビデオはどこにでもある。君に聞きたいんだが、どうやってアダルト・アフィリエイト/ウェブマスターはGoogleから見てスパムでも違反でもない独自のビデオをアップロードすればいいと言うんだい?こういったサイトで短い試聴用ビデオを観た人が実際にサイトへ行って買うんだ。こういうのはYouTubeのようなユーザーによって制作されるコンテンツを使ったビジネスモデルじゃないんだよ。』


『多くの同じ種類の店がどこの町にもあるだろう。それでもみんな全部を回ろうとする。売ってるものは同じでもどうしてこんなことになる?それは多くの人が商品以外も店に対して期待してるからさ。店名だって人を引きつけるし、店は広告にお金を使う。

全く同じことがネットでも起きているんだと思う。Googleはアフィリエイトサイトを排して、僕らがどこへ行かなくてはいけないかを決めてしまうんだ。Googleはユーザーがそういうサイトに満足しているという事実を無視してる。ビジターの行動は関係ない。こんなんだったらGoogleはいつでも好きな様にサイトを禁止できてしまう。Googleは強大な独占企業だから検索についてなら何でも好きなことができる。Youtubeに多くのエロい言葉を載せることだってできる。結局無限のトラフィックがあるからこんなことができるんだ。』


matyk『僕はアダルト業界の人間なんだけど少しだけ言わせて欲しい。
1)googleは長い間違法ポルノサイトを罰すると言ってきた。でも未だに主要サイトが残ってる。
1番の問題はGogleが手作業でちゃんと独自のコンテンツをアップローおしているサイトからもトラフィックを奪ってしまうところだ。』


Seber『僕はアダルト業界の人間だが、パートナープログラムのビデオのみを使ったウェブサイトを作ってた。関わった全ての動画に時間を掛けて最初から最後まで丁寧に説明を書き、最高のシーンを切り出して画像として掲載した。本当にできる限りのことをした。Googleのオンライン・コミュニティから僕のサイトへ来てくれる人もいた。トラフィックを売ったりすることもないし、リダイレクトを使うこともない。でも今ボクのサイトが「攻撃的なスパム」として糾弾されている。今回のアップデートは信用できない。全てが1/6以前に戻ったみたいだ。』


Mike『この変更いいと思うんだ。僕もアダルト業界の人間だよ。無断複製の問題は著作権侵害ほど深刻な問題ではないと思うんだよね。今10年以上続く有名なサイトを持っているけど、自分のコンテンツを検索すると動画サイトがどんどん出てくる。DMCAでこういうサイトのコンテンツを消しているのにだ。』


クリス『ちょっと言い換えよう。全てのショップが同じ商品を扱っている。何を取り扱うのかと思えばちょっと先にある店のもの。店は名前以外が全て一緒。付加価値が 内容の乏しいサイトは付加価値を付けなければ内容の薄いアフィリエイトサイトとみなされてしまう』


Ihar『写真サイトなんかは特にそうだけど、集合がそこにあることが重要なんだ。ビジターにとっては写真が一箇所に集まっていることが重要なのであり、独自であるかに気は留めない。』


アダルトサイト運営者があーだこーだ言ったところで、グーグルの方針が変わるわけがありません。こんなところに文句を書く暇があったら、独自のコンテンツ作れよって事が書いてあるのにね。

まとめ

あらためてこうGoogle様に言われると、別にパクリサイトの運営はしていませんが、参考にしたサイトとかはいろいろあります。僕の運営しているサイトは果たして有益な情報を提供できているのか。・・大変むつかしい話です。ただ、もっと怖くなる人がたくさんいるはずです。
クソサイトの運営者の方々、気をつけましょう。
参考になるかわかりませんが、SEOの内部対策についての本を1冊だけ紹介しておきます。
SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術
とりあえずhtml勉強してホームページつくったよ! みたいな方向けの本ではありません。エンジニア向け。
外部リンクを獲得しよう!キーワードを埋め込もう! みたいな事が書いてある本でもないし、こうやったらコンバージョンって上がるよね!そしたら儲かるよね! っていうマーケター・ビジネスオーナー視点の事が書いてある本でもない本。
検索上位に表示させたい人っていっぱいいるので、色んな本がありますが、SEO関連の本ってXXシステムが出しているようなハズレ本も多いし、デタラメが書いてある本も多い。未だにページランクがーとか書いてある本もあります。答えが明確に開示されていないっておもしろいですね。SEO神社とかそのうち出来るんじゃないかな。このブログはSEO弱いんで偉そうな事はなんとも言えないけど、用途にあわせて実際に色々やってみるべしって感じがしますよ。

Ad

関連記事

itbusinessnogenri

ウェブ進化論以来。数年ぶりにツボった本『ITビジネスの原理』感想

本当はネット以外のことを書きたいんですが、自分つまらん人間で、語彙もないのでネットのことしか書い

記事を読む

ossan

ネット慣れしてないおっさんの顔文字の使い方の気持ち悪さについて

おっさんでもおばさんでも、インターネットをかんたんに使える時代になりました。さて、皆さんご機嫌い

記事を読む

unity

ド素人のデブでも出来た!超初心者がUnityでクソゲー作ってみた

コンピューターゲームを作るのは、人生で5回目になります。最初にゲームを作ったのはマリオペイントで

記事を読む

facebook_hacking

【警告】facebookのアカウントを乗っ取るのが想像以上に簡単な件

たぶん、犯罪です。何の法律にふれるとかは知らないけど犯罪な気がする。不正アクセス禁止法かなんかか

記事を読む

wppp

wordpressでショートコードが動かない場合の対処法(読了22秒)

バカみたいなミスをして、1時間かかっても解決できなかったけど解決できたので 全角になっ

記事を読む

wpheader

wordpressで画像を投稿した時に、デフォルトでリンクさせない方法

別にプログラマじゃないのに、wordpressとそれに付随したphpが少し触れるだけでプログラマ

記事を読む

yabai

ヤバいウェブデザインのトレンド2014

流行り廃りの激しいwebデザイン。トレンドを追いかけているだけで疲れます。ちょっとフラッシュを勉

記事を読む

Ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Ad

PAGE TOP ↑