*

itbusinessnogenri

ウェブ進化論以来。数年ぶりにツボった本『ITビジネスの原理』感想

公開日: : web

本当はネット以外のことを書きたいんですが、自分つまらん人間で、語彙もないのでネットのことしか書いてない気がします。本当はなんか別のものが書きたいなと思っていますが、つまらない人間なので今日もまたネットのことを書きます。

先に結論から書いておきます

約8年ぶりでしょうか。久々の神本と出会いました。『ITビジネスの原理』と言うドストレートなタイトルに惹かれて読みました。11回の転職を繰り返した筆者さんの経験と、語彙力とストーリーっぷりが面白くってどんどん読み進めれてしまう本でした。
2006年に出版されたウェブ進化論が預言書なら、2014年に出版されたこの本は、ここ20年の世界・日本にまつわるインターネットの歴史。そして未来を書いた聖書と言えるでしょう。
インターネットに少しでも関わりがある人や、『なんか一発当ててやるゾ!未来のザッカーバーグは俺だ!』と意気込んでいる人は絶対に読んでおくべきだと思いました。
ITビジネスといっても、ホームページ屋さんであったり、楽天で物を売ったり、情報商材を売ったり、SEO屋であったり、アプリを制作したり、ヤフオクでモノを売ったりっていう話ではありません。これらをITビジネスと呼ぶかどうかは私は存じませんが、これをもし仮にITビジネスと呼ぶのであればミクロITビジネスと言えるでしょう。この本に書かれているITビジネスは超マクロITビジネスの話がほとんどです。

タイトルを『ネットビジネスのーー』としなかったところが非常に良いなって思いました。バカみたいに胡散臭くなる。本の内容としては、ここ20年のインターネットの進化について非常にわかりやすく説明がなされています。
まず、インターネット登場以前のビジネスと、インターネット登場以降のビジネスの違いについて、大変読みやすい具体的な説明でわかりやすく書かれています。そして、インターネット登場以降のITビジネスと言われるものの基本的な部分について説明が書かれています。
なんでグーグルは無料なのに儲かっているの?とかがパっと解答できない人には、知っておいて損はない情報がたくさん書かれている本だと思います。そして、情報の手に入れ方の進化について説明し、未来予想図が書かれています。

以下、楽しかった点の箇条書き

  • 『安く物を仕入れて、高く売る』という形がインターネット登場後『ユーザーを安く仕入れて、高く売る』になった。
  • ユーザがお金を支払うかどうかは、情報の対価だけでなくて、その情報を調べる時間や支払いにかかる時間、手間、そういったトータルのコストに見合うかどうかで決まる。
  • 田尻さん(ポケモンの父です)は、ゲームの主要な要素として『交換』『収集』『育成』『対戦』を挙げています。・・・(中略)・・・実はこの『交換』『収集』『対戦』は昔の遊びからあった要素で、メンコ遊びやベーゴマにしても、友達と交換したり、新しいものを集めたり、そして戦ったりという遊びです。
  • 現在の炎上は極めて短時間、10分とか20分とかいう時間で起きる。極端な言い方をすると、キュレーションされた時点で炎上が発生する。炎上を体験できるのはせいぜい100人くらい。ところがそれがまとめられると10万人・100万人が体験できるようになる。そしてお祭りとなる。
  • i-modeのビジネスモデルは、他社を後から追いかけたものが多かった(着メロビジネスとか壁紙とか)
  • 昔は、月9の後にロンバケについてメールをする人が多かったが、今はカタチを変えて『バルス』となった。
  • 人はなぜ、情報を発信するのか
  • いいね!とかが承認欲求を満たしてくれる。承認欲求が気持ちよすぎると、人はアイスクリームのケースに入ってしまう
  • 日本(日本語)は言わなくてもわかるなにかがある。アメリカ(英語)は言わないとわからない。インターネットがアメリカで育ったのは不幸
  • 今後のITが向かう場所の話。多言語から非言語へ。そしてインターネットは人を幸せにする装置となる
  • 美味しいごはんが出てきて、いいね!をもらう為に写真を撮らなくても承認欲求が満たされる世界へ。ごはんが冷めなくてよくなる。
  • 美味しいご飯を食べる幸せよりも『いいね!』をもらう快感が優先されているのは、人の幸せを強化するツールだったのに関係が逆転してしまっている
  • そういった本来あるべきでないコストを減らし、人を解放し、成長させ、豊かに。人間らしく生きられる世の中へ
  • 要は、ウェアラブル。毎日を楽しくするためのいんたーねっとのみらい!

みたいなことが、めちゃくちゃ面白くかいてある。未来のいんたーねっとに、改めて期待してしまう本。

本の内容とは直接関係ないけど、著者の方の書き方がものすごく丁寧。言葉の引き出しからすごく博識な感じがにじみ出ていて、すごい読みやすい。僕は基本的には同じ本は二度読まないのだが、明日も読もうと思ってしまう魔力を持ってる。そういった意味でもウェブ進化論ぶりのいい感じの本だった。仕事上、どうしても知っている事が多く書かれていたが、それでも面白いと思ったのだから、インターネットのこと何か好きだけど、よくわからない!って人は僕の5倍くらい楽しんで読めるのではないだろうか。

10年後のいんたーねっとを考えるときに、礎となる知識が詰まった本でした。こういう本ともっと出会いたい。

ITビジネスの原理
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

Ad

関連記事

yabai

ヤバいウェブデザインのトレンド2014

流行り廃りの激しいwebデザイン。トレンドを追いかけているだけで疲れます。ちょっとフラッシュを勉

記事を読む

wpheader

wordpressで画像を投稿した時に、デフォルトでリンクさせない方法

別にプログラマじゃないのに、wordpressとそれに付随したphpが少し触れるだけでプログラマ

記事を読む

ossan

ネット慣れしてないおっさんの顔文字の使い方の気持ち悪さについて

おっさんでもおばさんでも、インターネットをかんたんに使える時代になりました。さて、皆さんご機嫌い

記事を読む

unity

ド素人のデブでも出来た!超初心者がUnityでクソゲー作ってみた

コンピューターゲームを作るのは、人生で5回目になります。最初にゲームを作ったのはマリオペイントで

記事を読む

wppp

wordpressでショートコードが動かない場合の対処法(読了22秒)

バカみたいなミスをして、1時間かかっても解決できなかったけど解決できたので 全角になっ

記事を読む

google

【超訳】Google様から『SEO対策()』とか抜かしとるクソサイトへ警告

1/27付でグーグル様の公式ブログでクソサイトへの警告がございましたのでご報告差し上げます。

記事を読む

facebook_hacking

【警告】facebookのアカウントを乗っ取るのが想像以上に簡単な件

たぶん、犯罪です。何の法律にふれるとかは知らないけど犯罪な気がする。不正アクセス禁止法かなんかか

記事を読む

Ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Ad

PAGE TOP ↑